【お知らせ】これはサイトサンプルです。実在する旅行会社ではありません。

これはサンプルページです。

実在する旅行会社ではなく、お申し込みもできませんのでご注意ください。

 

 

旅行は自分へのご褒美!

日頃の疲れを癒やしリフレッシュ出来る、国内パッケージツアー、個人旅行、宿泊、レンタカーのお手伝いは安心第一のABCツアーズまでお気軽にお問い合わせください♪

 

 


昔は、旅行先の情報収集は書籍/雑誌/新聞記事/テレビ がメインで、予約は店頭窓口が普通でしたが、リンク先の通り、今は時代が変わり、ほとんどがパソコン/スマホからのインターネット経由の申し込みです。

5年ほど前まではデジタル対応をすれば+αの売上が見込めるという時代でしたが、今はデジタル対応出来ないと企業の存亡に関わる時代に変わってきました。

MarkeZine

 Criteoは、インターネットを利用した旅行予約経験がある全国の20~50代の男女600名に対して、「国内・海外旅行の…

環境の変化に合わせて観光業もデジタル化対応が欠かせない時代となってきました。といってもそれほどデジタル化対応がわからない観光関連業の方も少なくないと思います。

とりあえずホームページは作ってみたものの、ほとんど人は来ず、閑古鳥/開店休業状態の業者さんも少なくないと思います。

大手旅行会社はデザインに凝っていて、デザイン面だけ見ると全くかないません。

でもデザインに凝ったページ=人が来る

というわけではありません。(勘違いしている人が多いですが)

会社のパソコンから見れば重さを感じないサイトであったとしても、スマホなどモバイル回線では重すぎて、見る気もしないでお客さんが通り過ぎると言うことが多々あります。

*自社のサイトを携帯回線から見て確認してみてください。そして外資系旅行代理店サイトをいろいろ見て比較してください。表面上は、一見何ら問題ないに見える自社サイトも軽さサイト構成一つ取っても、ほとんど外資系に負けています。

分かる人が社内にほとんどいないとこうなってしまうと言う一例です。

 

また,重すぎるサイトはGoogle/Yahoo等の検索結果が大幅に下がることもあります(SEO)。とはいえ、軽さのみを追求して殺風景すぎるのも良くないので、デザインと軽さとのバランスですね。

以下はGoogleが提供しているサイトの軽さ測定サイトです。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?url=https%3A%2F%2Fwww.anamile.jp%2F

有名旅行代理店のアドレスも入れて比較してみてください。

 

 

それぞれ専門業者はありますが、ホームページ作成業者、サーバー業者、SEO業者、マーケティング業者それぞれ細分化されており、広い範囲の知識が必要になっていますが、それを横断して分かる業者はほとんどありません。

 

サイト作成~誘客(観光マーケティング)の一貫したサポートをご提供致します。

まずは下記より、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム